レビューはありません
第5章 細胞周辺環境のための培養技術 2.動物細胞培養装置

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】要旨動物細胞大量培養は医薬品生産の手段としてだけでなくハイブリッド型人工臓器や再生医療の実現のためにも欠かせない技術となっている。特に接着依存性細胞培養器としては,ローラーボトル,セルファクトリー(TM),マイクロキャリア培養,中空糸膜モジュール培養器,ラジアルフローリアクターなどが従来からあるが,多孔性担体を用いた三次元共培養や多孔性膜を用いた隔膜共培養も再生医療用の培養には有効である。これらの培養器の運転管理に際しては,剪断力や溶存酸素濃度への配慮が不可欠である。移植用細胞の自動培養装置も重要な工学的課 (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~50件/57件 を表示

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。