レビューはありません
第4章 細胞周辺環境のための生物医学 -工学融合科学技術 6.細胞接着性ペプチド

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】要旨近年,細胞接着分子の活性部位やそれに関連する調節分子が分子生物学的手法によって明らかにされた。その結果,種々の細胞接着性タンパク質の細胞接着活性部位のアミノ酸配列が数多く明らかにされてきた。本稿では,フィブロネクチンやラミニンなどの代表的な細胞接着活性部位のアミノ酸配列について述べた。さらには,フィブロネクチンの細胞接着活性部位であるRGDS配列を含んだ種々の分子を設計し,細胞環境をコントロールした最近の研究例についても記載した。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~50件/57件 を表示

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。