レビューはありません
第3章 細胞周辺環境のための生物医学 1.細胞外マトリクス(コラーゲン)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】要旨海綿動物はホメオボックス遺伝子,TGB-β遺伝子など分化・発生に関わる遺伝子群がすでに存在していることから,多細胞動物の起源としてすでにコラーゲンをもっていたと考えられている。哺乳類では28の分子種が発見され,その多様性が明らかになっている。遺伝子の多様性だけでなく,コラーゲンは異なる分子種が会合して細線維や基底板を構成することにより,さらに多様な細胞周囲環境を提供している。組織再生の足場材料として様々なコラーゲンとその会合体を制御できれば,種々の細胞と組み合わせることにより多彩な組織を再構成できる。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~50件/57件 を表示

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。