レビューはありません
3.胚性幹細胞 3)ES細胞移植による中枢神経機能の再生

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】ES細胞は高い増殖能と全能性を有し,そのために細胞移植治療のドナー細胞として期待されている。まず効率よく必要な細胞を誘導し選別すること,次いで移植後はホスト脳からの免疫反応を抑えることが重要となる。カニクイザルのパーキンソン病モデルを用いた移植実験では行動の改善がみられ,さらにはヒトES細胞からドーパミン産生ニューロンが誘導されており,臨床応用のためには腫瘍化を確実に抑制すること,適切な移植部位・移植細胞数の検証,免疫抑制の至適化などが鍵となるであろう。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~49件/49件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。