レビューはありません
5.制御性T細胞による拒絶反応の抑制

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】移植片の拒絶は移植医療における大きな問題である。免疫抑制剤の開発により拒絶反応のコントロールが可能になったものの,免疫抑制に伴う日和見感染症などの副作用が問題になっている。近年同定された内在性制御性T細胞は,胸腺で産生され転写因子FOXP3を特異的に発現し,自己免疫病の発症を抑制する特異なT細胞である。この細胞を応用すればアロ抗原特異的な免疫寛容を導入し,拒絶反応を制御できる。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~43件/43件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。