レビューはありません
2.前駆細胞,組織幹細胞 16)マウス線維芽細胞培養から誘導される多能性幹細胞

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】細胞移植治療において,患者自身の体細胞から多能性をもった幹細胞を作製することは,拒絶反応の回避のためにも有用である。当研究室では,マウスの線維芽細胞に4つの因子を発現させることによって,ES細胞様の多能性を有する細胞を誘導できることを見出した。このiPS細胞(inducedpluripotentstemcells)は,従来行われていた核移植を用いた方法やES細胞との融合による方法とは異なる新たな方法として,細胞移植治療に応用されることが期待される。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~43件/43件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。