レビューはありません
2.前駆細胞,組織幹細胞 12)角膜由来幹細胞

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】視力を維持するには角膜上皮,実質,内皮の全層が透明であることが不可欠である。角膜は眼表面に存在することにより組織工学の技術を応用しやすい組織の1つであり,すでに上皮幹細胞移植が臨床応用の段階までに達しているといえる。今後はさらにドナー不足や拒絶反応を回避する手段として,幹細胞を用いた角膜実質および内皮の再生技術が期待されている。本稿では現在まで得られている角膜上皮細胞,実質細胞の幹細胞について紹介する。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~43件/43件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。