【最新生理活性脂質研究‐実験手法、基礎的知識とその応用‐】 (第4章)臨床編 スフィンゴシン-1-リン酸と循環器疾患

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】スフィンゴシン-1-リン酸(S1P)は,5種のGタンパク質共役型受容体S1P1~5を介して多彩な作用を及ぼす。受容体やS1P代謝酵素の遺伝子改変マウスの解析によりS1Pシグナル系の作用の解明が進み,S1Pシグナル系の主要な標的は血管と白血球・炎症細胞であることが明らかになってきた。血管では,S1Pシグナル系は,受容体特異的に血管形成や血管バリア機能の調節,および動脈硬化や内膜肥厚の病態に関与している。S1P受容体作動薬や酵素阻害薬の血管疾患の治療への応用が期待される。

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 600 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】スフィンゴシン-1-リン酸(S1P)は,5種のGタンパク質共役型受容体S1P1~5を介して多彩な作用を及ぼす。受容体やS1P代謝酵素の遺伝子改変マウスの解析によりS1Pシグナル系の作用の解明が進み,S1Pシグナル系の主要な標的は血管と白血球・炎症細胞であることが明らかになってきた。血管では,S1Pシグナル系は,受容体特異的に血管形成や血管バリア機能の調節,および動脈硬化や内膜肥厚の病態に関与している。S1P受容体作動薬や酵素阻害薬の血管疾患の治療への応用が期待される。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧40冊の書籍

1~40件/40件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。