レビューはありません
【創薬研究への分子イメージング応用】 PET・SPECT分子イメージングと医薬品開発 2.画像バイオマーカーとしての分子イメージングの利用 7)治療効果評価への分子イメージングの利用 (2)抗癌剤

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】分子イメージングとは,生体内で起こっている生理的または病的な現象を,分子プローブを用いることによって非侵襲的に体外から捉え画像化する手法である。分子レベルで特定の物質を可視化することにより,より正確な診断が得られ,生体の「機能」を見ることを可能にする。画像化のモダリティとしては,基礎生命科学の領域で多く用いられている蛍光イメージング,医療現場で用いられているMRI,CT,超音波検査,PET,SPECTが知られている。その中でもPETは定量性が高い点,標識化合物の物理的投与量が少なく副作用の軽減が期待でき安全 (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~28件/28件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。