レビューはありません
【創薬研究への分子イメージング応用】 PET・SPECT分子イメージングと医薬品開発 2.画像バイオマーカーとしての分子イメージングの利用 3)高比放射能PET分子プローブによる生体微量現象の探索

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】11Cや18Fなどのポジトロン核種で標識した各種リガンドが開発され,PETによりヒトの神経受容体の解析や,薬物と標的分子との相互作用を測定することが可能となった。脳の情報伝達系の測定においてはおおむね10-9~10-10M程度の微量な濃度領域を対象としており,PETプローブの比放射能もかなり高いレベルが要求される。一方,生体ではより極微量(pM以下の領域)での分子間相互作用が生じていると想定される事象が報告されている。これらの極微量濃度領域での現象を探るためには極めて高い比放射能で標識したプローブの開発が必 (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~28件/28件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。