レビューはありません
2.足場と細胞 8)膝関節軟骨:コラーゲンゲルに包埋した骨髄間葉系細胞移植による関節軟骨欠損修復

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】修復能力の弱い関節軟骨損傷の修復を促進するために1968年に家兎を使った同種軟骨細胞移植は報告されたが,細胞を血清に浮遊状態で移植したために成績が不十分であった。軟骨細胞の欠損部への固定性および環境を改善するために,われわれはコラーゲンゲルに包埋して同種軟骨細胞移植を行ったところ良好な成績が得られた。移植前にinvitroで培養し軟骨基質を産生させて移植すると,さらに良好な成績が得られた。現在,われわれは自己骨髄間葉系細胞移植による関節軟骨欠損修復を行っているが,その際の担体もコラーゲンを使用している。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~50件/54件 を表示

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。