レビューはありません
糖鎖構造解析技術の開発と医療応用 5)バイオ医薬品開発における糖鎖構造解析の重要性

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】バイオ医薬品の開発は,1977年に板倉らが大腸菌でソマトスタチンを発現させたところから始まり,1980年代にインスリン,成長ホルモン,インターフェロンなど遺伝子組換え生理活性物質の医薬品がFDAに認可され,その後,遺伝子操作技術の更なる技術革新によって動物細胞を使った生産技術が一般化し,最近では抗体医薬など翻訳後修飾を伴う糖タンパク質医薬品が登場した。糖タンパク質の糖鎖分析技術もHPLCを駆使するところから,最近ではLC/MSを用いる方法へと変化しつつある。これには,分析機器であるMS装置の飛躍的な性能向上 (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~41件/41件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。