レビューはありません
2.トキシコゲノミクス 2)動物を用いたアレイ実験の実際

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】遺伝子発現変動から毒性/副作用を測定・予測しようという分子毒性学(トキシコゲノミクス)の研究が取り組まれており、毒性のメカニズムを解析したり、毒性を予測したりする手法として有効な手段であることが示されている。しかしながら、現在でも培養細胞と動物個体から得られるデータのブリッジングができておらず、完全に動物を使用しないで安全性評価を実施することは困難であり、そのため効率的な試験が求められている。ここでは、動物を用いたマイクロアレイ実験を実施するうえで考慮するべきポイントについて記載する。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~42件/42件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。