レビューはありません
【腹部Interventional Radiologyの手技とコツ】 TIPSを応用した治療法 -消化管静脈瘤に対するアクセスルートとしての使用、門脈閉塞例の治療に対して-

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに経頸静脈的肝内門脈大循環短絡術(TIPS)は門脈圧亢進症に起因する病態に対して、経カテーテル的に肝内の門脈-肝静脈間に短絡路を形成し、門脈圧を低下させる治療である。1969年にRoschにより動物実験が行われて以来1988年に臨床応用され、現在も欧米では食道静脈瘤、難治性腹水の治療として広く行われている。本邦では、山田らが1992年に臨床例を行って以来1)、多くの症例が施行されたが、2014年現在で手技の保険収載がなく、先進医療として少数例が行われているのが現状である。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~7件/7件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。