レビューはありません
救急におけるクラウドITの現状 佐賀県における救急車でのiPad活用の取り組みの成果と課題

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】システムの概要-全国初、佐賀県の全救急車にiPad配備佐賀県では私が救急医療の担当となった2010年、初代iPadが発売された年に、県内すべての救急車にiPadを導入する取り組みを始めた。当時、救急医療の現場は、救急隊員が1件ずつ電話をかけ続け搬送先の医療機関を探すことが当たり前となっていた。しかし、搬送先がなかなか見つからないことから、“救急患者のたらい回し”とも呼ばれ日本中で大きな問題となっていた。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~11件/11件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。