レビューはありません
【骨盤部疾患の診断とIVRの現況】 卵巣病変の画像診断MRIとPETについて

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに女性骨盤には卵巣以外のものを含め腫瘤性病変の頻度が高く鑑別は多岐にわたるが、先人たちの努力により画像診断の進歩が著しい分野の1つである。モダリティとしては経膣、経腹超音波、CT(ComputedTomography)、MRI(MagneticResonanceImaging)が用いられることが多いが、中でもMRIの進歩が著しい。第一選択は超音波検査であるが、MRIによって非常に多くの情報が得られるため、大きなウェイトを占めている。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~9件/9件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。