認定・専門技師が語る 最新!救命救急放射線領域のテクニック 四肢その他の救命救急放射線技術

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに救命救急の中で四肢外傷は、頻度も高く他部位に渉る多発外傷であることが多く、救命後に四肢機能の温存を目的とした診断・治療を行う。したがって切断肢や主要血管損傷による出血など蘇生の対象になる四肢外傷を除き、secondarysurveyでは重篤な機能障害をもたらす四肢損傷として主要血管・神経損傷、開放骨折、脱臼・関節内骨折、筋区画症候群、広範囲軟部組織損傷などを、積極的に診断して行かなければならない。また骨折の合併症である脂肪塞栓症候群、長時間の臀部・四肢圧迫による圧挫症候群は、発生頻度は低いが致死的で (...)

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに救命救急の中で四肢外傷は、頻度も高く他部位に渉る多発外傷であることが多く、救命後に四肢機能の温存を目的とした診断・治療を行う。したがって切断肢や主要血管損傷による出血など蘇生の対象になる四肢外傷を除き、secondarysurveyでは重篤な機能障害をもたらす四肢損傷として主要血管・神経損傷、開放骨折、脱臼・関節内骨折、筋区画症候群、広範囲軟部組織損傷などを、積極的に診断して行かなければならない。また骨折の合併症である脂肪塞栓症候群、長時間の臀部・四肢圧迫による圧挫症候群は、発生頻度は低いが致死的で (...)

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧9冊の書籍

1~9件/9件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。