レビューはありません
【高齢化社会と脳疾患-認知症の画像診断】 [11C]PiBによるアミロイドPET

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめにアルツハイマー病の病態はアミロイドβ蛋白(Aβ)の蓄積に端を発し、これがタウ蛋白異常を引き起こして細胞死を連鎖的に誘発した結果、認知症が発症するというアミロイドカスケード仮説が広く支持されている。Aβが細胞外で凝集した老人斑とリン酸タウ蛋白質が神経細胞内で蓄積した神経原線維変化は、剖検脳の神経病理検査においてアルツハイマー病の診断の指標となる特徴的な病理所見である。このアルツハイマー病の代表的な病理変化の1つであるAβの集積を画像化したものがアミロイドPETである。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~8件/8件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。