レビューはありません
特別論文 凍結治療の臨床

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに凍結治療とは病変を急速冷凍することで凝固壊死させる治療の総称で、冷却にはドライアイス、液体窒素や高圧アルゴンガスによるジュール・トムソン効果などが利用される。1850年代にロンドンの医師J.Arnottによる報告が始まりとされる。その後の百年余りは多くの疾患に試みられたが、皮膚疾患以外では目立った成果はみられなかった。1961年にCooperらが液体窒素による組織内凍結治療の報告をして以来、肝を中心に実質臓器内の腫瘍性病変の治療にも適応が広がった。1985年になり、Gilbertらは超音波断層像によ (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。