レビューはありません
【運動器疾患領域における超音波画像診断の進歩】 一般整形外科診療における超音波診断法の有用性

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに超音波検査が利用される場所としては、一般外来のほかには入院中、手術中、さらにFieldworkでの3ヵ所が挙げられる。手術室では、脊椎手術に際して椎弓切除後に脊髄を観察して腫瘍切除や椎弓切除が十分であったかを確かめるために使用したり、細かな腫瘍の切除に際して術中の確認に使用されることが多い。Fieldworkにおける使用はほとんどがスポーツ障害に関連し、靱帯損傷や時には骨折の確認に使用されている。ここでは一般整形外科診療における利用ということで、外来における利用法とその有用性について述べてみたい。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~13件/13件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。