レビューはありません
【超音波画像診断2012】 乳腺領域における造影超音波検査の有用性~ソナゾイドの適応拡大を見据えて~

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに超音波画像診断の中心はBモード画像であり、今でもその有用性は変わらないが、診断に苦慮する場合には適宜ドプラ検査を付加したり、さらには最近では精査のための造影超音波検査(contrastenhancedultrasonography:CEUS)を行う機会も増加してきている。しかしながら現在使用できる超音波造影剤ソナゾイド『Sonazoid(R)』は、保険適応が「肝臓腫瘤性病変の診断」に限定されており、他の臓器、疾患で使用するには各医療機関の倫理委員会などで承認された臨床研究である必要があり、このことが (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~9件/9件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。