レビューはありません
【乳腺画像診断の現在】 撮影時情報入力機能(Exam-Marker)の活用

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめにマンモグラフィは乳腺疾患の診療と乳がん検診に広く用いられている画像診断法である。撮影技術が画像に与える影響が大きく、乳房撮影に特化した教育を受けた、熟練した診療放射線技師が撮影することが推奨されている。また平成22年3月に厚生労働省から報告されたチーム医療の推進に関する検討会報告書では、医療スタッフがおのおのの高い専門性を前提に、互いに連携し合うチーム医療の推進が不可欠とされており、診療放射線技師においても画像診断における読影補助などにかかわることを促すべきとされている。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。