肝造影CTにおける至適造影剤用量および濃度

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに造影CTにおける造影剤投与方法は、固定容量・固定注入速度から体重比投与および注入時間固定方法へシフトし、肝造影CTにおいては500~600mgI/kgが必要とされているが、最近では600kgI/kgが主流となってきている。これは、MDCTが導入されたために件数および1検査あたりの撮像枚数が爆発的に増えて読影量が著明に増加し、それに伴い単純な見落としや誤診例が増加したためである。加えて、従来は空間分解能が求められていたCT画像に、優れたコントラスト分解能が要求されるようになった点も挙げられる。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに造影CTにおける造影剤投与方法は、固定容量・固定注入速度から体重比投与および注入時間固定方法へシフトし、肝造影CTにおいては500~600mgI/kgが必要とされているが、最近では600kgI/kgが主流となってきている。これは、MDCTが導入されたために件数および1検査あたりの撮像枚数が爆発的に増えて読影量が著明に増加し、それに伴い単純な見落としや誤診例が増加したためである。加えて、従来は空間分解能が求められていたCT画像に、優れたコントラスト分解能が要求されるようになった点も挙げられる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧9冊の書籍

1~9件/9件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。