造影CTにおける至適造影剤量を探る

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに近年、体重により投与ヨード量を規定する施設が増えている。患者体重の範囲で造影剤のパッケージを設定している施設や、患者体重1kgあたり521~600mgI程度で造影剤量を決定している施設が多いと思われる。被験者ごとに最適化された必要十分量のヨードを負荷すべきなのは当然であるが、これを実現するための十分なガイドラインが存在しないことも事実である。近年、高体重患者や肥満患者への過剰投与を避けるために除脂肪体重や体脂肪率などのパラメータを考慮に入れた方がよいとの報告もある。

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに近年、体重により投与ヨード量を規定する施設が増えている。患者体重の範囲で造影剤のパッケージを設定している施設や、患者体重1kgあたり521~600mgI程度で造影剤量を決定している施設が多いと思われる。被験者ごとに最適化された必要十分量のヨードを負荷すべきなのは当然であるが、これを実現するための十分なガイドラインが存在しないことも事実である。近年、高体重患者や肥満患者への過剰投与を避けるために除脂肪体重や体脂肪率などのパラメータを考慮に入れた方がよいとの報告もある。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧9冊の書籍

1~9件/9件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。