レビューはありません
Dual energy CTの基礎と臨床応用

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめにDualenergyCT(DE-CT)は、異なる電圧で撮影し、各組織の電圧による減弱係数の差を利用して、組織の特定、分離などを行う方法である。この概念自体は古くからあり、1970年代後半から1980年代にかけて試みられていたが、シングルスライスCTにて2回撮影が必要であったこと、またX線管球の出力不足などにより、普及するには至らなかった。1998年にMDCTが開発されて以降、CT装置は年々多列化が進行してきた。しかしながら64列以降は、各社の開発の方向性が少しずつ異なりはじめ、現在では多種多様なCT (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。