レビューはありません
産科超音波Up-to-date:技術的側面から

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに筆者が医師になった頃は、すでに産科領域でBmode超音波断層装置(リニアプローブ)が日常的に使用されるようになっており、胎児の計測や胎児体重の推定に関する研究、症例診断報告がさかんに行われていた。超音波画像がリアルタイムかつグレイケール階調で表示が可能となり、別名、電子スキャンともよばれ、急速に臨床の場に普及した。その後の超音波・医工学の技術的な進歩はめざましく、産科医にとっては、子宮内という閉ざされた環境にある“胎児”の情報を得る手段として超音波診断装置は必需品となった。産科領域では、母体だけでは (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~12件/12件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。