CTにおける被検者の被ばく線量と被ばく低減の期待

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめにCT装置は1972年に開発されて以来、短期間に発展・改良が高度に重ねられ、CTの診断検査における重要性を確立した。一方CT検査は、比較的被ばく線量が高いことが知られているため、常に注目されてきた。近年、複数の検出器を用いた、いわゆるマルチスライスCTが登場し、すでにおよそ6,000台が稼働している。当初マルチスライスCTは線量低減につながると期待されていたものであったが、実際には機能の高度化に伴って可能となった種々の応用法により、いっそう高線量となる場合も生じた。医療におけるX線被ばくの影響に関する (...)

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめにCT装置は1972年に開発されて以来、短期間に発展・改良が高度に重ねられ、CTの診断検査における重要性を確立した。一方CT検査は、比較的被ばく線量が高いことが知られているため、常に注目されてきた。近年、複数の検出器を用いた、いわゆるマルチスライスCTが登場し、すでにおよそ6,000台が稼働している。当初マルチスライスCTは線量低減につながると期待されていたものであったが、実際には機能の高度化に伴って可能となった種々の応用法により、いっそう高線量となる場合も生じた。医療におけるX線被ばくの影響に関する (...)

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧11冊の書籍

1~11件/11件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。