レビューはありません
画像診断の複合化と脳神経核医学

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに脳は、人格をつかさどる臓器として機能画像診断学の最もよい対象の1つであり、脳神経核医学が大きな貢献を行ってきた分野である。近年、MRIや多検出器型CTの普及により脳機能の画像診断は多様化し、結果として出力されるパラメータは複雑化し、核医学検査が省略されることも多くなっている。しかし、脳神経核医学では他のモダリティとの融合により診断の精度が向上し、新たな情報が付加される可能性を有しており、また画像解析法の独自の発展により客観的な診断を得る手法も次々に開発されている。本稿では、最近の脳神経核医学検査の動 (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~19件/19件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。