レビューはありません
心サルコイドーシスの遅延造影MRIとFDG-PET所見の比較

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめにサルコイドーシスは原因不明の全身性非乾酪性肉芽腫性疾患であり、有病率は人口10万人に対し5人と、少なくない。女性では60歳前後と20~30歳代に、男性は20~30歳代にピークがあり、50歳代以降に心臓死が多い。肺、リンパ節、心臓、眼などの全身が侵され、初発症状では眼症状(ぶどう膜炎)が多いとされ、次に呼吸器症状が続く。両側肺門リンパ節腫脹は特徴的な胸部X線所見を呈する。心サルコイドーシスは、剖検例の25%に認められるとされ、心筋症の分類においては特定心筋疾患の全身性疾患に分類される。日本人に高率に認 (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~9件/9件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。