レビューはありません
肝臓における至適撮像法

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに今日までに画像診断技術は飛躍的な進歩をとげた。特に1980年代後半から登場したヘリカルCTにより、体軸方向へ連続性に優れた画像収集が可能となり、任意断面での再構成表示や3次元表示が普及するとともに、撮像の高速化により、目的臓器の診断に必要とされる時間分解能(肝では肝動脈優位相および門脈相)を飛躍的に高め、それまでの形態診断だけでなく、血行動態の経時的変化に関する情報までも得ることが容易となった。当初4列であった検出器は現在では、8列、16列、64列と進化し、全肝を2~5秒で撮像することが可能となった (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。