II 高精度放射線治療の適応と課題:疾患別の検討 5.乳がんの最新放射線治療 強度変調放射線治療(IMRT) -当院の治療経験と文献報告から検証するVMATの有用性

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】乳腺領域における放射線治療は,主に温存術後の全乳房照射と乳房切除術後の胸壁照射であるが,いずれも接線対向2門照射が基本となり,患者リスクに応じて領域リンパ節まで照射ターゲットとなることがある。特に,従来から行われている左側の乳腺への全乳房接線照射では,同側肺のほかに,心臓に高線量の放射線が照射される可能性がある。内胸リンパ節や鎖骨上窩リンパ節への予防照射も含めた治療では,従来法では心臓への一定以上の線量が避けられないため,高線量を心臓に照射することは心筋梗塞のリスクを上げることにつながると報告されている。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】乳腺領域における放射線治療は,主に温存術後の全乳房照射と乳房切除術後の胸壁照射であるが,いずれも接線対向2門照射が基本となり,患者リスクに応じて領域リンパ節まで照射ターゲットとなることがある。特に,従来から行われている左側の乳腺への全乳房接線照射では,同側肺のほかに,心臓に高線量の放射線が照射される可能性がある。内胸リンパ節や鎖骨上窩リンパ節への予防照射も含めた治療では,従来法では心臓への一定以上の線量が避けられないため,高線量を心臓に照射することは心筋梗塞のリスクを上げることにつながると報告されている。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

無料キャンペーン実施中!

書籍一覧25冊の書籍

1~25件/25件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。