レビューはありません
II 検像に何を求めるか,求められているか 3.産業界の視点から考える診療報酬上での検像のあり方と評価の考察

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】2010(平成22)年度の診療報酬改定で,画像診断領域において最も評価されたのは“検像”という表現と,何度も議論を重ねた末考え出された「デジタルエックス線撮影料」の新設と認識している。「デジタル映像化処理加算」の役割が終わり,次の世代に即した新たな構成変更のための議論の中で,特に,“撮影手技”を技術の価値として,どのように見える形で再構築するかが大きな課題であった。そこで本稿では,この改定作業での論点と今後の考え方について整理する。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。