レビューはありません
III 画像診断の最新動向 3.婦人科がんにおけるFDG-PET/CTの臨床的有用性

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】1998年に米国で世界で初めて開発され,2003年にわが国に導入されたPET/CT一体型装置(PET/CT)は,解剖学的情報と代謝情報が一度に得られる優れた複合型画像診断装置であり,悪性腫瘍の治療方針を決定する上で必須の画像診断法の1つとして急速に普及している。子宮がんと卵巣がんは,2006年4月の診療報酬改定により保険適用疾患となり,他の領域の悪性疾患と同様,治療前の病期診断や,治療後の再発・転移診断および治療効果判定に利用されている。本稿では,文献と自検例を交えながら,フルオロデオキシグルコース(FDG (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~23件/23件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。