レビューはありません
03 腹部領域(1) 上腹部領域における64列MDCTの有用性 -肝臓を中心に

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】multidetector-rowCT(MDCT)が登場したのは十数年前であるが,その後MDCTは多列化し,現在では128~320列の検出器を持ったCTも臨床使用されている。多列MDCTの画像は,空間分解能が高く,isotropicimageのため三次元再構成が可能で,任意の方向から関心領域を観察できる利点がある。一方で,時間分解能にも優れており,呼吸性移動の影響を受けにくく,撮影タイミングの違いや遅れで診断が難しい病変にも対応が可能となった。これは,心・大血管領域だけでなく,腹部領域でも非常に有用と考えら (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~21件/21件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。