レビューはありません
I 肝 4.良性肝腫瘍の診断・治療におけるアルゴリズム 1)各疾患の画像所見の特徴と注意点

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】肝臓の画像診断は,CT,MRIの登場以来,これらにUSを加えた3つのモダリティにより主になされてきた。これらに血管造影(血管造影下CT)を含めて各種の画像診断を組み合わせ,総合的に評価することにより精度の高い画像診断が可能となってきた。肝臓では,画像診断で鑑別困難な場合は比較的容易に腫瘍生検が可能であるが,良悪性の判断,質的診断はきわめて重要であり,もし,良性であれば侵襲のある生検は回避したいし,良性疾患に対する外科的処置は避けたいところである。しかし実際には,画像的に良悪性の鑑別が困難なため肝切除に至るケ (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~26件/26件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。