レビューはありません
Vol.01 肝がんのRFA治療支援-ソナゾイド造影超音波ガイド下穿刺等 Sonazoid Case Study-2 展開針によるRFA治療

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】ラジオ波焼灼療法(RFA)は,肝細胞がんや転移性肝がんに対する局所療法として広く用いられている。肝細胞がんでの治療効果は,外科的肝切除に匹敵する生存率が報告されている。また,基盤肝病変のため肝予備能が低く,外科的肝切除が困難な症例においても行える利点がある。RFAの多くは,超音波ガイド下に電極を穿刺して行うため,超音波にて腫瘍を描出することが重要である。新しい超音波造影剤であるソナゾイドは,従来のBモードで描出できなかった肝がんの描出にも優れていることが報告され1),治療支援としても使用できる。本稿では,当 (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~21件/21件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。