レビューはありません
8.子宮頸がんに対する重粒子線治療

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに子宮頸がんは,日本人女性では1970年代までは胃がんに次いで2番目に多い腫瘍であったが,80年代以降は減少傾向にあった。しかし,2000年代になって,特に30歳代の若年層を中心に再び増加傾向となっている。また,南~東南アジア,アフリカ,南アメリカの発展途上国では,現在も女性の腫瘍の第1位を占めている。子宮頸がんの進行度は,国際産科婦人科連合(FIGO)の臨床病期分類によって定められる。概説すると,I期は子宮に限局する腫瘍である。腫瘍が子宮を超えて周囲の膣や傍子宮結合組織に浸潤するとII期となり,腫瘍 (...)

  • 500(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 5pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~29件/29件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。