レビューはありません
4.被写体サイズにおける線量と画質

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】一般にCT装置の性能評価において,画質評価はノイズ,空間分解能,スライス厚,低コントラスト分解能など,また,線量評価はCTDI(CTdoseindex),DLPおよび線量効率(doseefficiency)によって行われている。一方,最近のCT装置では自動露出機構(CT-AEC)を有する機種がリリースされている。CT-AECでは,X線透過長をもとに被写体解析を行い,適正な管電流が自動的に選択され連続的に変調する。重要なことは,前者では一定のファントムサイズで評価が行われ,後者では被写体サイズにより管電流変調 (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~26件/26件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。