レビューはありません
III ここまできた拡散強調画像(DWI)&拡散テンソル画像(DTI) 3.下腹部(直腸,前立腺,その他)-骨盤部領域におけるDWIの臨床的意義

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】MRIは,その良好な軟部組織コントラストを生かし,下腹部,特に骨盤内という解剖学的に複雑な領域において,直腸がん,前立腺がん,婦人科がんなどの評価に広く用いられており,その有用性は確立している。近年,sensitivityencoding(SENSE)法などのパラレルイメージングの実用化に伴い,拡散強調画像(diffusionweightedimaging:DWI)の躯幹部への応用と導入が進み,各種の腫瘍性病変についてのDWIを用いた研究が盛んに行われ,術前診断における有用性が報告されるようになってきた。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~24件/24件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。