レビューはありません
シーメンス旭メディテック株式会社 心臓MRI 検査における高空間分解能3D遅延造影撮像の可能性-シーメンス独自の撮像技術Phase Sensitive Inversion Recovery法の進化

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】近年のMRI技術は急速な進歩を遂げており,現在の心臓MRI検査では,シネ撮像,パフュージョン撮像,遅延造影撮像,冠動脈撮像,脂肪抑制T2WIによる浮腫撮像など,多岐にわたる撮像が可能となっている。その中でも,MRIの持つ組織学的なコントラストの高さを有効に利用しているのが,遅延造影撮像や浮腫撮像などである。これらの検査は,現在の心臓MRI検査において重要な役割を担っており,近年では多くの応用派生技術が開発され,多機能化してきている。

  • 500(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 5pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~27件/27件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。