レビューはありません
【Step up MRI 2014進む技術,広がる臨床】 IV MRIのこれから -近未来への通過点 3.MRI造影剤 -ガドリニウム造影剤の開発の歴史と今後の使用

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】1970~80年代,「その高い画像分解能・組織間コントラストのために,造影剤は必要ない」という宣伝文句が,高機能の画像診断装置であるMRIの導入時に使われた。しかし,周知のようにMRI造影剤の使用は,装置の機能を伸ばし,より高い診断能力を付加することから,日常の画像診断において重要な役目を果たしている。MRIにおける造影剤は,生体組織中の水の緩和時間(T1,T2)を変化(主に短縮)させて,異なる組織間のコントラストを増強し病態部位を検出すること,および血流や各器官の機能を知ることを目的として使用される。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~27件/27件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。