【Molecular Imaging 2014 分子イメージングはどこまで進んだか】 II 分子イメージングの最新動向 1.核医学における分子イメージングの最新動向 1)核種製造の現状と展望

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】筆者が加速器による核種製造の分野に初めて触れたのは,放射線医学総合研究所(以下,放医研)実習生となった1995年のことである。分子イメージング(当時は画像医学や高度機能診断などと呼ばれていたように思う)の揺籃期あるいは成長期に相当すると考えられるこの頃は,数年に1,2基といった頻度で医療用加速器が比較的大きな施設へ納入される状況だったように記憶している。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】筆者が加速器による核種製造の分野に初めて触れたのは,放射線医学総合研究所(以下,放医研)実習生となった1995年のことである。分子イメージング(当時は画像医学や高度機能診断などと呼ばれていたように思う)の揺籃期あるいは成長期に相当すると考えられるこの頃は,数年に1,2基といった頻度で医療用加速器が比較的大きな施設へ納入される状況だったように記憶している。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧16冊の書籍

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。