レビューはありません
めざせ達人シリーズ<X線撮影編> 一般撮影技術を見直そう! 〈上肢No.3〉1.再現性ある手根管軸位撮影法(reproducibility of axial radiograph of carpal tunnel view)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに手根管症候群の画像診断には,超音波やX線・CT・MRI検査などがある。X線画像診断では,手根管軸位撮影(以下,手根管撮影)による手根骨の骨変化と手根管の軟部陰影を投影する。従来からある撮影法は,痛みのある患者の手関節を強制的に背屈する撮影肢位であるため,撮影肢位の維持が容易でない。手根管撮影法について記載している撮影教科書は,他の撮影法に比べ撮影頻度が少ないため,X線中心点や撮影肢位の背屈角など詳細な解説の記載が少ない傾向にある。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~21件/21件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。