レビューはありません
【シーン別画像診断のいま 社会的要求への対応と課題 Scene Vol.6】 II オートプシー・イメージング(Ai)における地域での取り組み 1.熊本県におけるAiの現状 -死体検案におけるAiの活用

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】監察医制度を持たない日本の多くの地域では,いわゆる“警察医”と呼ばれている一般臨床医が,警察の要請を受けて異状死体の死体検案を行っている。死体検案によって死因,死亡時刻,死因の種類を明らかにして正確な死体検案書を作成することは,死者の権利を守るためにきわめて重要である。警察医は法医学を専門としているわけではないが,異状死体を最初に診る医師として大きな社会的責任を担っている。本稿では,警察医(一般臨床医)が行う死体検案におけるオートプシー・イメージング(Ai)の活用,当院および熊本県での死体検案におけるAiの (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~28件/28件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。