レビューはありません
【シーン別画像診断のいま 社会的要求への対応と課題 Scene Vol.6】 I 死因不明社会との訣別に向けた現状と課題 5.「死後画像診断(Ai)を活用した死因究明手法有効性の検証に関する調査研究」から得られた臨床的知見

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】背景と目的Ai(Autopsyimaging)とは,広義には死亡時に行う医学検索のひとつとしてCTなどによる画像検査(狭義のAi)を行い,死後画像と剖検情報を組み合わせ,死亡時診断のスタンダードを構築しながら医学的および社会的な死亡時患者情報の充実を図るためのシステムである。死後画像を撮影することにより,実際に診断がついたケース,診断が覆ったケースなどが報告されており,死後画像撮影により病状の進行,治療効果判定,死亡原因の推定など,さまざまな情報を得ることができる。一方で,Aiの中でも最も汎用されている死後 (...)

  • 500(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 5pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~28件/28件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。