レビューはありません
【スクリーニングから精密検査へ -検査法の選択と適応を中心に-】 II 二次検診(精密検査)における画像診断の動向 3.精密検査におけるUSの技術進歩と臨床応用 2)乳腺造影超音波を精密検査にどう生かすか?

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】乳腺領域におけるマルチモダリティ診断の有用性は以前より知られており,マンモグラフィ(MMG)や超音波,造影MRIを用いた総合的な画像評価は日常臨床の中で定着している。一方,乳腺領域においてソナゾイド造影剤は,第II相1),第III相臨床試験を経て,2012年8月に乳腺腫瘤性病変に対して保険適用となった。乳がんは,基本的に多血性腫瘍であるため造影剤を用いた検査は重要であり,術式決定の上でも術前に病変の分布を正確に評価することは必須と言える。また近年,サブタイプの解析を考慮した術前薬物療法の頻度も増加しつつある (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。