レビューはありません
【CEUS Trend View2013 造影超音波検査の有用性と適応のひろがり】 II 肝腫瘍の造影超音波 6.造影超音波の定量的評価:特に分子標的治療薬の効果予測

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】ソラフェニブ(Nexabar,BayerHealthCarePharmaceutics-OnyxPharmaceuticals)は,腫瘍の細胞増殖と血管新生を阻害する,切除不能な肝細胞がんを適応とした世界初の経口キナーゼ阻害剤である。本剤は,欧米や日本を除くアジアにおける大規模第III相試験を経て,2009年5月よりわが国でも保険適用となった。しかし本剤には,わが国で発売された当初より,重篤な有害事象の報告が多くあり,かつ,その高額な薬価を考慮すると,可能なかぎり早期に治療効果予測を行い,無効の患者には肝動 (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~21件/21件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。