レビューはありません
【Nuclear Medicine Today 2012 PET(/CT),SPECT(/CT)のNext Stage】 III 研究・開発における“いま”と“これから” 次世代装置の開発動向 1)半導体PET

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】現在18F-FDGが,がんの診断・ステージング,認知症の診断,心筋viability判定などの目的で,腫瘍・脳・心臓のPETで広く使われている。しかしながら,FDGは,炎症性病変への集積や尿路系などへの生理的集積があるという問題点がある。FDGの欠点を補うため多くのトレーサーが開発されているが,それらの製剤の集積は軽度であり,病変のごく一部にしか集積しないことが多い。PETを治療戦略に生かすためには,トレーサーの開発だけでなく,PET装置も改善する必要がある。現在のPETの問題点は大きく2つある。1つは空間 (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。