レビューはありません
【地域連携と遠隔画像診断の流儀】 IV クラウド型サービスによる地域連携と遠隔画像診断 3.京都ProMedが取り組むデータセンターを活用した遠隔画像診断および彦根市立病院における画像外部保管の実用経験と今後の展望

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】京都ProMedでは,2007年4月の発足当時より,PACSサーバを大阪のデータセンター内に収容し,京都の読影センターから読影を行う仕組みを採用している。本稿では,これらのシステムを構築することとなった契機や,現在までの運用経験を紹介する。また,筆者の前任地で,現在も非常勤医師としてお手伝いさせていただいている彦根市立病院で実用を開始した画像外部保管システムの紹介,および,これらの今後の展望について概説したい。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~30件/30件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。