レビューはありません
I トモシンセシスとは:その原理と有用性 〈総論〉甦るトモシンセシス -トモシンセシスの開発から臨床応用に至るまでの歩み

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】CTの登場と普及により,過去の技術になりつつあったトモシンセシスが,FPDによるデジタル・トモシンセシスとして甦り,改めて有用な技術として再評価されている。デジタル・トモシンセシスは,複数の投影画像を1回で撮影し,任意の断層面を再構成することが可能であり,大幅な被ばく低減と検査の効率化を実現することができる。さらに,体内金属による影響が少なく,立位撮影などで負荷をかけた状態での検査も行えるため,整形領域をはじめ乳房撮影にも導入され,また,胸部検診としての有用性の検証も進んでいる。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~27件/27件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。